耕作放棄地で長年、荒れ果てた土地や高齢化により農業をやめた土地を法人企業として借入れ、
こだわりの農法(有機無農薬)付加価値のある食材を生産、加工することを目指し立ち上げました。

一見沢山あるように思える耕作放棄地だからといって簡単に土地を借りられる訳ではありません。
市町村の農業委員会を通じて紹介して頂いたり、荒れた土地の持ち主を訪ね一件づつ歩きながらの
交渉となり、かなりの困難がありました。

2013年12月に3ヶ所の耕作放棄地と農地賃貸契約を結び、長期(15年自動更新)で農地を借りる事が出来ました。

生産する作物は地域、気温、害獣、生産性などから栗の栽培を中心とした事業となりました。

渋皮が簡単に剥ける栗の新品種『ぽろたん』を70本
栗の大粒品種で抜群に甘い『岸根(がんね)』を30本
それぞれ2014年2月に植えていきます。

栗の木のまわりには木苺、ブルーベリーの栽培を計画し、一年を通じて生産できる作物・果物を
これから検証していきます。
栽培指導協力は、県の農業指導員を長年勤められて定年により退官された重岡先生を中心に
栗農家の方々からアドバイスを受け、こだわりの栗を育てていきます。

 

ナイスシーズ湯舟農園
1984 m2(平方メートル)

2013年12月 農地耕し完了
2014年2月 栗50本を植樹予定


ナイスシーズ川下農園
1290 m2(平方メートル)

2014年1月 農地を重機で耕起予定
2014年2月 栗25本を植樹予定


ナイスシーズ出分農園
1488 m2(平方メートル)

2014年1月 農地を重機で耕起予定
2014年2月 栗25本を植樹予定